放送ベストセレクション(放送誌上再録)

ミッドナイトトーク
今を生きる、明日につなぐ
中村雅俊
 俳優で歌手の中村雅俊さんは、1951(昭和26)年、宮城県女川町に生まれました。73年、慶應義塾大学在学中に文学座附属演劇研究所に入所。翌年、青春学園ドラマ〈われら青春!〉(日本テレビ系列)の主役に抜擢されました。自ら歌った劇中歌『ふれあい』の大ヒットで一躍脚光を浴び、以来、俳優・歌手の両分野で活躍を続けています。東日本大震災から6年。今も月1回のペースで女川に戻り、ふるさとの復興に取り組む中村さんにお話をうかがいました。
[聞き手 迎康子]
明日へのことば
心を耕す詩の授業 ―奈良少年刑務所・希望の教室
寮美千子
 作家で詩人の寮美千子さんは、1955(昭和30)年、東京生まれ。86年度の毎日童話新人賞を受賞して作家活動に入り、2005(平成17)年、小説『楽園の鳥』(講談社)で泉鏡花文学賞を受賞しています。翌年、奈良市に移住。奈良少年刑務所(2017年3月に閉鎖)の受刑者を対象に月1回、詩の授業を行い、そこで生まれた作品を2冊の詩集にまとめました。刑務所の中でどのような授業が行われたのか、詩を作ることで受刑者の心にどのような変化があったのか、寮さんにうかがいました。
[聞き手 中村宏]
【連載】
作家・五木寛之 “聴き語り 昭和の名曲”
第21回 合わせ技歌謡曲
 昭和の歌謡曲を語る、作家・五木寛之さんの連載。第21回は、民謡の一節が挿入された「合わせ技歌謡曲」がテーマです。掲載曲は『南国土佐を後にして』(ペギー葉山)、『望郷酒場』(千昌夫)、『ソーラン渡り鳥』(こまどり姉妹)、『舟唄』(八代亜紀)の四曲。それぞれに味わいの異なるヒット曲をお楽しみください。
[聞き手 村上里和]