放送ベストセレクション(放送誌上再録)

対談
二人の女無頼派に聞く人生の歩み方
瀬戸内寂聴  伊藤比呂美
 作家で僧侶の瀬戸内寂聴さん(96歳)と、詩人で小説も上梓している伊藤比呂美さん(63歳)は、それぞれ新聞やイベントで人生相談の回答者として長年活躍しています。2008(平成20)年に出会って以来交流を続けるお二人が、豊富な人生経験から現代の若者たちに思うことや、これからを元気に生きるためのヒントなどをお話しくださいました。
[聞き手 山田亜樹]
インタビュー
講談はおもしろい!
神田松之丞
 講談師・神田松之丞さん(35歳)は大学卒業後、2007(平成19)年に神田松鯉さんに入門。4年半後、二つ目に昇進しました。若者を含む幅広い層から人気を集め、独演会や寄席はいつも満員。今、最もチケットが取れない講談師です。2020年2月に真打ちの昇進が決まった松之丞さんに、講談の魅力をうかがいました。
[聞き手 嶋村由紀夫]
明日へのことば
今も昔も元気ハツラツに過ごしています
大村崑
 1931(昭和6)年に兵庫県神戸市で生まれた大村崑さん(87歳)は、テレビの草創期から現在に至るまで第一線で活躍し続け、昨年は大河ドラマ〈西郷どん〉で西郷隆盛の祖父・龍右衛門役で存在感を示しました。崑ちゃんの愛称で老若男女に親しまれる大村さんに、涙と笑いの半生と元気の秘密をうかがいました。
【聞き手 中村宏】
【連 載】
五木寛之のラジオ千夜一話
第10話 超長寿時代の「逝き方」を考える
 80代半ばを迎えた今も、小説にエッセーに旺盛な執筆活動を続ける作家・五木寛之さんが、〈ラジオ深夜便〉世代に向けてさまざまなテーマで発信するコーナー。今回は、価値観が多様化した時代の「生き方」と「逝(ゆ)き方」がテーマです。
 仏教について造詣が深い五木さん。日本人の死生観がどのように培われてきたのかを、鎌倉新仏教が生まれた時代に遡って解説しつつ、複雑な現代社会を生きる私たちの心構えについて語ります。
[聞き手 渡邉幹雄]