7月号のアンカーエッセー

ひげを剃ることが好きだ
松井治伸
 行きつけの理髪店のご主人が常々こう言います。「松井さんのひげの濃さは、うちのお客さんのベストテンに入りますね」。自覚はありましたがそれ程だったのですね。なので、私のひげ剃りは少々手間がかかります…… (続きは本誌で)
ひまわりの季節に
工藤三郎
 映画『ひまわり』をどうしても見返したくなりました。公開当初に見た高校生のとき以来ほぼ50年ぶりに。DVDを再生し始めると、いきなり画面いっぱいに風に揺れるひまわり畑が広がります…… (続きは本誌で)
『情熱の花』
芳野潔
 表題の歌は、昭和34年にザ・ピーナッツが歌って大ヒットした曲です。ベートーベン作曲の『エリーゼのために』に音羽たかしさんが日本語詞を付けました。この歌のヒットから22年後、同じ『エリーゼのために』に阿木燿子さんが詞を付けた作品『キッスは目にして!』がこれまたヒット。歌っていたのは…… (続きは本誌で)
いざ、鎌倉
渡邊あゆみ
 BSPで平日朝9時からの〈プレミアムカフェ〉で、鎌倉を紹介する番組を放送。その中で使う写真を撮りに鎌倉を訪ねました。私が写りこんでいる必要があるので、夫をカメラマンとして同行。友人たちには「まあ! ご主人と鎌倉デート?!」と冷やかされながらも大真面目に…… (続きは本誌で)
ライブとオンデマンド
住田功一
 この4月まで放送された連続テレビ小説〈カムカムエヴリバディ〉は、SNSでも盛り上がりを見せ、好評でした。1925(大正14)年、ラジオ放送開始の年に始まった〈英語講座〉を軸に、ストーリーがつづられました…… (続きは本誌で)
100年めざす男声合唱団に乾杯!
後藤繁榮
 数十人が心ひとつにハーモニーを生み出す……この豊かな時間に身を委ねる幸せ。コロナ禍で忘れていた喜びでした。大阪外国語大学グリークラブ・創部95周年記念演奏会が、5月東京で開催され、司会を担当しました…… (続きは本誌で)
名曲ラジオ
徳田 章
 その放送は偶然カーラジオに飛び込んできました。水曜日の夕方6時半、フェーディングの波に乗って懐かしいポップスが聞こえてきます。曲の合間には年配の方の落ち着いたコメントが。ゴールデンタイムになんとうれしい番組かと聞き入りました。周波数を手がかりに調べると…… (続きは本誌で)
「あたりまえ」のむこう
山本哲也
 全国を旅する番組〈小さな旅〉を続けて7年、どこに行っても必ず出会うことばがあります。それは「当たり前ですから」。日々の暮らしの営みの中で、習慣のように、何の気なしに、無意識にしていること。精が出ますねと尋ねれば、「これをするのは当たり前ですから」と返ってきます…… (続きは本誌で)