カラー特集1 放送ベストセレクション 明日へのことば

下町を撮り続けて68年

秋山武雄 洋食屋「一新亭」店主・写真家

店ののれんを出す秋山さん。


東京・浅草橋で洋食屋を営むかたわら、15歳でカメラを手にして以来、70年近く下町の情景や暮らしを撮り続けている秋山武雄さん。庶民の日常を切り取った数々の写真は、変わりゆく東京の貴重な記録となりました。写真を撮る魅力やこだわりをうかがいました。

カラー特集2 放送ベストセレクション 明日へのことば

懐かしい風景を未来へ伝える

柳生博 俳優・日本野鳥の会名誉会長

ヤマツツジの咲く雑木林で笑顔の柳生さん。


柳生博さんは24歳で俳優デビューし、ドラマや司会者として活躍され、40代のときに家族で八ヶ岳の麓に移住。その後、荒れた森を再生し、その風景を楽しめるパブリックスペース「八ヶ岳倶楽部」をオープンしました。11月に行われた「ラジオ深夜便のつどい」の講演会で、自然に囲まれた暮らしについてうかがいました。